恋裏(こいうら)

恋愛の総合サイト

公開日:

離婚すると言ってしない男の特徴7選。結局奥さんと別れない心理と対処法を解説


『離婚すると言ってくれたから待っていたのに、一向に別れそうにない…。』
『離婚すると言ってしない男は何を考えているの?』

不倫相手の女性からすると、離婚すると言われているから待っているのに、全然分かれそうにないと不安になりますよね。

もしかして本当は離婚するつもりなんて全くないのではないかと、疑ってしまう方も多いでしょう。

本記事は、離婚すると言ってしない男に振り回されてお悩みの女性向けとなっています。

今回は、離婚すると言ってしない男の特徴や、結局奥さんと別れない場合の対処法をご紹介します。

既婚者の彼との今後について心配な方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

離婚すると言ってしない男の特徴7選

離婚すると言ってしない男には、共通する特徴が7つあります。

1.世間体を気にしやすい

世間体を気にしやすい既婚男性は、離婚すると言ってしない傾向にあります。
不倫相手を好きでも、世間の目を考えたら、離婚するというのは怖くてできないのです。

もし不倫相手の女性が同じ職場の場合は、社会的立場を失うかもしれません。
周りの目が気になるタイプは、そういったことに考えを巡らせて離婚を決められないのです。

2.甘い言葉を投げかけるのが上手

甘い言葉を投げかけるのが上手な既婚男性は、もともと離婚する気が全くない可能性が高いです。
口が上手い男は女性を弄んで、都合の良い関係であれば満足します。

『今すぐ離婚したいくらい好き』『奥さんよりも愛しているよ』といった期待する言葉を言っても、裏では奥さんと仲良くやっているというケースは少なくありません。

3.金銭的に余裕がある方ではない

既婚男性に金銭的に余裕がある方ではないと、離婚すると言ってしない場合があります。
不倫相手と一緒になりたいと思っても、奥さんとの財産分与や子供がいるなら養育費などお金がかかるのです。

もし不倫がバレるとなると、高額な慰謝料を請求されるかもしれません。
そういったお金の問題があると、離婚は現実的でないと思ってしまいます。

4.奥さんとセックスレスで欲求不満

奥さんとセックスレスで欲求不満な既婚男性は、離婚すると言って不倫相手と身体の関係を持ちつつ、結局は性欲が満たされれば満足というパターンが多いです。
不倫相手とセックスする際は、その時間が盛り上がるために『離婚する』といった発言をしてしまいます。

実際は奥さんとセックスレスであることが悩みなだけで、別れる気持ちは一切ないのでしょう。

5.優柔不断で決断力がない

優柔不断で決断力がない男性も、離婚するという言葉が口だけになりがち。
離婚のメリットやデメリットなどを考えて、思い悩んで結局ズルズルと奥さんと別れないのです。

何か大きな離婚に繋がる決定打がないと、奥さんと別れる可能性は低いでしょう。

6.熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすいタイプの男性も、安易に離婚すると言ってしまうことが多くあります。
不倫相手と会っているときは気持ちが盛り上がって『離婚する』と言いますが、実際家に帰ると現実を見て離婚したい熱が冷めるのです。

不倫相手と居る時間は本気になっていても、家庭に戻ると気持ちが変わる男性は少なくありません。

7.奥さんや子供の話が多い

奥さんや子供の話が多い既婚男性は、家族仲が良く離婚する気がないかも。
深い意味もなく離婚すると言っているだけで、実際は奥さんや子供が大切で離れることなんて考えていないかもしれません。

本気で離婚するつもりだったら不倫相手に気を遣って、家族についての話は避ける傾向にあります。

【既婚男性の本心を知って彼と一緒になる】
【体験談】既婚者だった彼が奥さんと離婚し、私の元へ来てくれた方法

結局奥さんと別れるつもりがない既婚男性の心理5選

次に、結局奥さんと別れるつもりがない既婚男性の5つの心理についてご紹介します。

1.大ごとにしたくない

離婚することで大ごとにしたくないという本音があり、離婚に踏み切れていないかもしれません。
奥さんと彼の2人で解決できる話ではなく、離婚するとなると両家族・子ども・職場など、さまざまな人に影響します。

『皆に迷惑かけてまで…』と離婚に対して後ろ向きになっているのでしょう。

2.誰からも好かれたいし嫌われたくない

誰からも好かれたいし嫌われたくない既婚男性は、不倫相手に好きでい続けてもらうために『離婚する』と言っていることも。
いわゆる八方美人であり、奥さんに対しては一途で素敵な旦那さんを演じているのです。

自分が嫌われるというのが許せないという男性は案外多く、プライドが許さないのでしょう。

3.盛り上がっている不倫が楽しい

離婚すると言ってしないのには、盛り上がっている不倫が楽しいだけという本音が隠れている可能性もあります。
不倫相手に『離婚する』と言えば、その女性がどんどん本気になっていくことを分かっているのです。

情熱的な恋愛が好きな既婚男性も、その場を盛り上げるために離婚すると簡単に言う傾向があります。

4.モテていると実感し心地いい

結婚した後もモテたい願望がある男性は少なくなく、不倫をすることで女性から求められている実感があり心地いいのでしょう。
離婚すると本気っぽい振る舞いをすれば、不倫女性は自分のことをもっと好きになるだろうと思っています。

結婚する前から女遊びをしていたタイプの既婚男性は、このようにモテたいがために女性を弄ぶのです。

5.不倫する上で自分が有利に立ちたい

離婚すると言っておくことで、不倫をする上で自分が有利に立ちたいという心理が隠れているかもしれません。
女性から深く突っ込まれる前に、『離婚するけど、子供が大きくなるまでは…』『離婚するけど、まだ時期じゃないから…』と先手を打っておけるのです。

こうなると不倫相手は気を遣わなければいけない立場となってしまうので、既婚男性に嫌われないためにも離婚の詳細について口を突っ込めなくなるのです。
この関係性を作れば不倫相手が自分から離れていきにくいと考えて、自分が上に立ちたいと思っているのでしょう。

【※奥さんと離婚してもらって一緒になれる?※】
どうすれば不倫相手の彼と結ばれる?既婚者の彼の本命になるためになった3つのこと

既婚男性が本当に離婚するか確かめる方法

中には離婚すると言って、本当に奥さんと別れてくれる既婚男性も存在します。
ここでは、既婚男性が本当に離婚するか確かめる方法について見ていきましょう。

期限や具体的な内容を決めておく

離婚すると言われた流れから、期限や具体的な内容を決めておきましょう。

『〇月中に奥さんに離婚したいと話す』
『来週末に養育費についてなどお金の面をクリアにする』

といったことを決めようとして、受け入れてくれたら離婚する可能性はあるでしょう。

もしも『まだそこまで決められないよ』といった否定的な態度を取られたら、離婚を本気で考えていないかもしれません。

会う頻度・連絡ペースを落として引いてみる

会う頻度や連絡ペースを落としてみて、引きの姿勢で既婚男性の様子を伺ってみるのもおすすめ。
これで相手からも音沙汰がなく、自然消滅しそうな関係性になったのであれば、離婚したいというのは嘘だったと分かるでしょう。

もしも焦ったように連絡をしてくる、自分から離婚についての詳細を話してくれるなどの反応であれば、不倫相手の女性が本命と言えるでしょう。

離婚すると仮定した詳細な話をする

離婚すると仮定した詳細な話をして反応をチェックしてみましょう。

『もし離婚したら、子供との関係はどうするの?』
『離婚成立したら、2人でどこらへんに住む?』

離婚したその先の未来を考えた質問をして、はぐらかされるような対応をされたら、離婚の意思は強くないでしょう。

言葉と行動が矛盾していないか振り返る

言葉と行動が矛盾していないか振り返ることで、本当に離婚するつもりか確かめることができます。
例えば、『奥さんとの関係は冷め切っている』と言っていたのに、家族仲睦まじい様子であるなど。

口だけなんだなと思えるような矛盾が多ければ、離婚したいという言葉も嘘である可能性が高いです。

彼の大事な日にデートを誘ってみる

彼の大事な日にデートを誘ってみるのも手です。
奥さんや彼の誕生日、クリスマスや年末年始など、家族で過ごすことが一般的な日を狙ってみましょう。

断られるかOKしてくれるかで、不倫相手と家族どちらを優先にしているか知ることができます。

他の男性の存在をチラつかせる

他の男性の存在をチラつかせて、既婚男性の彼の様子をチェックしてみてください。
平気そうな様子であれば、結局は奥さんが一番大事で離婚する気がないのでしょう。

もし焦って離婚に向けての話をしてくれるなら、本気で別れる気であるかもしれません。

結婚願望があると打ち明ける

結婚願望があると打ち明けてみるのもいいでしょう。
もし相手に離婚する気がない場合は不倫関係に罪悪感を感じて、『他の人と結婚するべきだ』と別れを告げられるでしょう。

ご自分の気持ちにケリをつけるためにも、結婚についてのリアルな話は必要ですよ。

自分の大切な人に会わせたいと提案する

自分の大切な人に会わせたいと提案してみましょう。
家族や親友などに会ってもらうのは、いよいよ離婚することが現実味を帯びてきますよね。

頑なに会いたくなさそうにするのであれば、離婚についての覚悟がない証拠と言えます。

【既婚の彼を本気にさせた女性もいる】
既婚者だった彼が奥さんと離婚し、私との人生を選んでくれた体験談

彼を本気にさせる!離婚すると言ってしてくれない場合の対処法

離婚すると言ってしてくれなくても、既婚男性と一緒になれることを簡単に諦めたくはないですよね。

最後に彼を本気にさせるための、離婚すると言ってしてくれない場合の対処法について解説します。

曖昧な言葉は通用しない女性だと認識してもらう

『いつか離婚する』といった曖昧な言葉通用しない女性だと認識してもらいましょう。
既婚男性と会ったタイミングで、そろそろ離婚についてどう思っているのか真剣に聞いてみるのです。

流そうとする男性もいますが、冷静に『私のこの先の人生にも関係してくるから、教えてもらってもいい?』と返すことで、彼もはぐらかすことはできないと感じるでしょう。

このタイミングで離婚が現実味を帯びてきて、ようやく奥さんとの別れを決断するケースもあります。

一緒になりたいという意思が固いことを分かってもらう

一緒になりたい意思が固いことを分かってもらうよう会話を進めましょう。

例えば、本気でこの先一緒になりたいと彼に言ったとして、離婚するまで待たせるのは悪いと言われたとします。
そこで引き下がらず、『私が待ちたいから待つのであって、悪いとか責任感じる必要ないよ』と返すことで彼もあなたの意志の強さを実感し離婚に踏み切れるかもしれません。

優柔不断な既婚男性の離婚の後押しにもなるでしょう。

彼ばかりに上に立たせないよう軽く脅す

彼ばかり上に立たせていると離婚が遠のいていきやすいので、軽く脅すことも意識してみましょう。
『奥さんに彼が一番好きなのは私って直接言いたいくらいだな』といったことをサラっと言うことで、男性は冗談と分かっていても多少焦るのです。

軽い脅しから、そろそろ離婚に向けて動き出さなきゃと気持ちが切り替わることもあるので、『バラされたらヤバい』といった焦りを感じさせる発言は効果的ですよ。

まとめ

離婚すると言ってしない男の特徴や、結局奥さんと別れない場合の対処法をご紹介しました。

既婚男性の彼と一緒になりたいのに、離婚すると言ってしてくれないのは不安ですし焦りますよね。

奥さんと別れてもらうために大事なのは、曖昧な彼の態度を許さないこと。
信じて待つばかりでは、既婚男性は不倫相手を都合の良い女性として扱いやすくなります。

そして、既婚者の彼が奥さんと別れてもらって、厳しい状況から一転し幸せになっている女性もいます。

現在恋占では、既婚男性との不倫を経て、奥さんと離婚してもらい本命になった女性の体験談を公開中です。

難しいと言われる既婚男性との恋愛成就ですが、こちらの体験談には彼と結ばれるための秘訣がたくさん書かれています。

恋占限定&期間限定で後悔しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【体験談】既婚者の彼が奥さんと離婚して、私の元へ来てくれて本命になれた方法

あなたの2022年上半期の運勢は?

LINEトーク占いの人気占い師による、星座別・2022年上半期の運勢が発表されました!

仕事・恋愛・総合運に関する運勢とアドバイスについてチェックしてみませんか?

さらにお悩みや運勢を占いたい方は、お好きな占い師を選んで、チャットまたは電話で鑑定してみましょう。

著者

恋占(こいうら)編集部

占いと恋愛を中心とした総合ポータルサイトです。 電話1本で本格鑑定が出来る『電話占い』やチャットを使った『チャット占い』、当たると評判の本格占い館など占いや恋愛関連の事を中心に掲載をしています。

このライターの記事一覧

GENRE-ジャンル-

ジャンルー一覧