恋裏(こいうら)

恋愛の総合サイト

公開日:

不倫の倦怠期を乗り越えるための解消法5選!マンネリ化してしまう原因は?


『既婚者の彼と倦怠期で別れないか不安。』
『不倫の倦怠期やマンネリ化を乗り越えるためにはどうすればいいの?』

最初は燃え上がっていた不倫が倦怠期になってしまうのは、とても寂しく感じてしまいますよね。
本気で既婚者の彼のことが好きなのであれば、マンネリ化した末に別れたらどうしようと不安になるもの。

しかし、心配しているだけでは何も変わりません。
倦怠期が解消されるよう工夫することで、不倫関係が再熱する可能性は大いにあります。

本記事は、既婚男性との不倫が倦怠期となり、マンネリ化を解消したくてお悩みや不倫相手の女性向けとなっています。

今回は、不倫が倦怠期になってしまった原因や、不倫の倦怠期・マンネリ化を乗り越えるための解消法を5選にてご紹介します。

既婚者の彼と付き合い始めた当初のように戻りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不倫が倦怠期になってしまった原因を考えてみよう

まずは不倫が倦怠期になってしまった原因を考えてみましょう。
不倫カップルによって、なぜマンネリ化が進んだのかは異なります。

ここでは不倫が倦怠期になってしまった原因をご紹介するので、彼とご自身に当てはまりそうなものを予測してみてくださいね。

純粋に飽きてしまった

純粋に不倫相手に飽きてしまって、倦怠期になるケースが実際のところ1番多いです。
普通のカップルと同様に、不倫でも付き合いが長くなるにつれて飽きるようになります。

特に熱しやすく冷めやすいタイプの男性なら、短期間でマンネリ化するでしょう。
一緒に居て当たり前の存在になればなるほど、刺激がなくなってしまうのです。

未来がない関係が限界だから

未来がない関係に限界を感じて、倦怠期に差し掛かるケースもあります。
不倫というのは、既婚者側が離婚という選択肢をとらない限り、同棲や結婚などステップアップできる関係になりません。

だからこそ『このまま付き合っていても未来がない』と感じやすく、次第にマンネリ化してしまうのです。

お互いを知りすぎて新鮮味がない

お互いを知りすぎて新鮮味がないことも、倦怠期になってしまう原因のひとつ。
相手のことを何でも知っている状態というのは新鮮味がなく、恋愛のドキドキ感を味わえない状態です。

不倫に対して新鮮味やスリルを求めている既婚男性は、その女性の全てを知ってしまうと冷めやすい傾向にあります。

好きという気持ちが伝わり合っていない

好きという気持ちが伝わり合っておらず、倦怠期と勘違いしているパターンもあります。
不倫というのは禁断の恋だからこそ、お互いに遠慮しながら付き合うカップルもいるでしょう。

『よそよそしいけど、もしかして俺のことあまり好きじゃないのかな?』
『連絡が少ないけど、家族に気を遣ってくれているのか、俺に気持ちがあまりないだけなのか分からない。』

といった感情になり、向こうもマンネリ化していると思い込んでしまうことがあるのです。
こちらの場合、既婚男性側は不倫相手を好きで、飽きている可能性は低いと言えます。

【既婚男性の本心を知って彼と一緒になる】
【体験談】職場の既婚者だった彼が奥さんと離婚し、私の元へ来てくれた方法

不倫が倦怠期であるサイン

原因についてチェックしたところで、次は不倫が倦怠期であるサインを見ていきましょう。

以下に当てはまるほどマンネリ化している可能性が高いので、何かしらの対処法が必要になります。

連絡・会うペースが落ちた

連絡・会うペースが落ちるのは、分かりやすい倦怠期のサイン。
仕事や子供の用事で忙しい時期は別ですが、自然とデートが減ったりLINEの返信が遅くなったりするのはマンネリ化でしょう。

人間は正直な生き物なので、好きであればあるほど会いたくもなるし連絡も取りたくなるのです。
不倫相手とコミュニケーションを積極的に取ろうとしていないと言えるので、飽きが生じているのかもしれません。

いつも同じようなデート

いつも同じようなデートであることも、不倫がマンネリ化している兆候です。
新鮮味が無くなっている証拠であり、いろいろな場所へ足を運ぶ意欲がなくなっているのでしょう。

中でも、いつも会う場所がホテルに定番化しているなら、性欲を解消するために不倫している可能性があります。

彼の態度が冷たくそっけない

彼の態度が冷たくそっけないことも、倦怠期を疑った方が良さそうです。
気持ちが冷めてしまうと、わざとそっけない態度にして不倫相手に察してもらおうとする既婚男性もいます。

不倫を続ける意欲がないかもしれないので、早急に気持ちを取り戻すよう動く必要があるでしょう。

行動が大胆になる

行動が大胆になることも、実は不倫がマンネリ化してきているサインである場合が考えられます。
不倫関係に刺激がなく新鮮味がないから、バレることを恐れずに大胆に行動してしまうのです。

この状況は既婚男性の家族に不倫がバレやすい状況なので、かなり注意を払ってください。
あなたのことを平気で友だちに紹介しようとしたり、近場でデートに行こうとしたりするなら、断るべき内容ならハッキリやめておこうと伝えましょう。

イライラしやすくなる

倦怠期になった既婚男性は、不倫相手にイライラしやすくなる傾向にあります。
これまでは優しくても、マンネリして不倫相手のことがどうでもよくなると悪い面が表れやすくなるのです。

悪い意味で素が出ている状態と言えます。
倦怠期が進行するにつれて喧嘩が増えやすく、徐々に関係が悪化するかもしれません。

不倫が倦怠期であるときの既婚男性の心理

不倫が倦怠期だと、自然と本音を話し合えずに気まずい関係となってしまうケースが多いでしょう。
しかし、既婚者の彼が今何を考えているのか気になりますよね。

ここでは、不倫が倦怠期であるときの既婚男性の心理について詳しくご紹介します。

ぼんやり『飽きたなあ』と考えている

ぼんやり『飽きたなあ』と考えている既婚男性は少なくありません。
倦怠期であることを実感しており、まだ別れるか不倫を続けるか決めていない段階です。

自然と倦怠期が解消されることを待つ人もいれば、考えた末に別れを切り出す人もいます。
不倫相手のアクション次第では、倦怠期が改善しやすいでしょう。

このまま自然消滅したいと思っている

倦怠期を実感して、このまま自然消滅したいと考えていることもあります。
別れるまでの過程が面倒と感じている可能性が高く、不倫をなかったことのようにしたいのかもしれません。

中には『別れよう』と言うことが苦手で、もし逆上されて不倫をバラされたら嫌だと考えている既婚男性もいます。
連絡のペースが確実に落ちていったいるなら、自然消滅を狙っているのかもしれません。

不倫相手の女性が本気で引いている

倫相手の女性の本気度が高く、引いてしまっている心理も考えられます。
彼自身は遊びで不倫していたのに、女性側が真剣に好きになっていることから、温度差で冷めてしまった可能性が高いです。

特に奥さんに嫉妬したり、『離婚して』といった発言は、余計に既婚男性だけ倦怠期という状況を作り出します。
上記がご自身に当てはまると感じるなら、一旦本気度が高そうな素振りをするのは控えた方がいいかもしれません。

冷められてしまったのではと不安になっている

倦怠期と感じていて、不倫相手の女性に冷められたと不安になっているケースもあります。
女性側に飽きられたと思い込んでおり、別れるのではないかとドキドキしているのです。

マンネリ化しているけど遠慮しがちで、倦怠期解消のために行動もできていないのでしょう。
しかし不倫相手のことは本気で好きであり、一番奥さんと離婚する可能性が高いタイプです。

不倫の倦怠期・マンネリ化を乗り越えるための解消法5選

最後に不倫の倦怠期・マンネリ化を乗り越えるための解消法を5選でご紹介します。

倦怠期を改善するために大切なのは、焦らず・落ち着いて・前向きに。
焦って冷静になれずに行動したり、マンネリしているからと暗い雰囲気でいると、余計倦怠期が進行してしまいます。

ぜひ上記を意識しながら、以下の解消法を実践してみてくださいね。

1.一旦距離を置いてみる

一旦距離を置いてみることで、倦怠期が改善されることがあります。
会わない・連絡しない期間を作ることで、既婚男性があなたの大切さを再認識するかもしれません。

一緒に居て当たり前だと思っていたからこそマンネリしていただけであって、会わないことで好きが再熱するパターンは多いのです。
寂しいかもしれませんが、少しの間距離を置くよう意識してみてはいかがでしょうか。

2.曖昧なデートはしない

『とりあえずホテル』といった曖昧なデートはしないことも重要です。
何かを楽しむわけでもない、中身のないデートはマンネリ化を加速させてしまいます。

今回のデートは何が目的で、何をテーマにするかはっきりすることで、新鮮味のある時間を過ごすことができるでしょう。
『今日のデートは○○がテーマで、○○しに○○へ行こう』と具体的に彼に提案してみてくださいね。

イメチェンをして新鮮味を持たせる

イメチェンをしてみることで、既婚男性に新鮮味を持ってもらうことも手。
男性は目で恋をするというように、女性の外見の変化には弱いのです。

ヘアスタイルやメイクを変えて、新しいあなたを見せて惚れ直してもらいましょう。
彼もいつもと違うあなたを見て、新たな気持ちで不倫することができるはずです。

行ったことがない場所へ出かける

行ったことがない場所へ出かけることも、倦怠期の解消に繋がります。
いつも同じ場所へのデートだと、どうしても飽きが生じてしまいますよね。

いつもより遠出してみたり、体験型のデートで思い出を作ったりと工夫してみましょう。
あなたと一緒に居る時間が楽しくて幸せだと、改めて実感してもらえればマンネリ化を止められるかもしれません。

感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを伝えることで、倦怠期である彼の気持ちに変化をもたらしましょう。
『いつもありがとう』と感謝を伝えることで、きっと彼は温かい気持ちになるはず。

そして人間は感謝を伝えてくれる相手をもっと大切にしよう・感謝されるようにしようと思う心理が働きます。
『ありがとう』と言える女性は好印象であり、あなたを大事にしたいと思われる可能性が高くなるでしょう。

【※奥さんと離婚してもらって一緒になれる?※】
どうすれば不倫相手の彼と結ばれる?既婚者の彼の本命になるためになった3つのこと

まとめ

不倫が倦怠期になってしまった原因や、不倫の倦怠期・マンネリ化を乗り越えるための解消法を5選にてご紹介しました。

既婚者の彼に飽きられていると感じると、とても不安になってしまいますよね。
しかしネガティブになっていると、余計にマンネリ化が進んでしまうかもしれません。

ぜひ彼との関係を諦めず、本記事を参考に倦怠期の解消を目指してみてくださいね。

中には既婚者の彼と不倫関係になって一度別れも乗り越えて、結果奥さんと離婚してもらえた女性もいます。

現在恋占では、既婚男性との不倫を経て、奥さんと離婚してもらい本命になった女性の体験談を公開中です。

難しいと言われる既婚男性との恋愛成就ですが、こちらの体験談には彼と結ばれるための秘訣がたくさん書かれています。

恋占限定&期間限定で後悔しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【体験談】既婚者の彼が奥さんと離婚して、私の元へ来てくれて本命になれた方法

あなたの2022年上半期の運勢は?

LINEトーク占いの人気占い師による、星座別・2022年上半期の運勢が発表されました!

仕事・恋愛・総合運に関する運勢とアドバイスについてチェックしてみませんか?

さらにお悩みや運勢を占いたい方は、お好きな占い師を選んで、チャットまたは電話で鑑定してみましょう。

著者

恋占(こいうら)編集部

占いと恋愛を中心とした総合ポータルサイトです。 電話1本で本格鑑定が出来る『電話占い』やチャットを使った『チャット占い』、当たると評判の本格占い館など占いや恋愛関連の事を中心に掲載をしています。

このライターの記事一覧

GENRE-ジャンル-

ジャンルー一覧