株式会社ダズル

ニュース

プレスリリース

バーチャルリアリティ市場へ本格参入しました

株式会社ダズル(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 山田 泰央、以下「ダズル」)は、新たにバーチャルリアリティ(VR)市場へ本格参入致しました。

VR市場は、2020年までに700億ドル規模になると予想されています。AR(仮想現実)の市場と合わせると1500億ドルの市場が見込まれています(出典:TrendForce)。また2016年はVR元年と言われるように、出力デバイスとなるヘッドマウントディスプレイ(HMD)が世界で一斉に販売予定となっています。

株式会社ダズルは、2011年の設立からスマートフォンネイティブゲーム・アプリの開発を主軸とし事業展開を行って参りました。最近では、株式会社サイバードと共同で本格王道ファンタジーRPG『ヴァリアントナイツ』をリリースしています。

成長が予想されるVR市場に対して今までの開発ノウハウを総動員し、2015年よりVRの研究開発を開始しています。VRの良さを最大限活かした複数の自社VRタイトルも鋭意開発中です。

その他にも各社と共同で様々なVR事業に取り組んでいます。

ダズルは持ち前の企画・開発力を活かし、VR市場に良質なコンテンツを提供し市場拡大に貢献していきます。

オハナちゃんシューティング

ohanachan.jpg
ss01.jpg
ss02.jpg
ss03.jpg

※ 画面は開発中のものです。